Cohohの「ぼそぼそむにゃむにゃ」

老Cohoh余生のつぶやきです。
右欄LinksのCOHOH WORLDもお訪ねください。過去(1998〜2005)の「ぼそぼそむにゃむにゃ」もあります。


スポンサーサイト

2018.09.19 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

東鳴子温泉

2011.07.23 Saturday 16:14
 
 先週19日から台風に追いかけられるようにして、宮城県の東鳴子温泉に行ってきた。
 幸い台風が東北地方を避けてくれたので、雨にはあったが、まずまずの天気で、二泊三日の温泉講を楽しんだ。

 東鳴子は、隣の鳴子温泉街と違って旅館も少なく、ちょっと寂しい静かな街であるが、これは我が温泉講の好みである。
 我々の泊まった宿の本館は大正13年の建築だというレトロな雰囲気、造りも丈夫なのか今回の地震にもさほど大きな被害はなかったようである。

 温泉は泉質を異にする4つの源泉をもち、当然ながら源泉掛け流しである。その中でも、ちょっと黒ずんだ「黒湯」は鳴子温泉郷唯一のラジウム泉で湯が肌にしっとりとまつわりつくようで心地よかった。浴室は古く湯を引くパイプもむき出しで、湯船の周りは温泉成分が長年の間に固まっている。これもまた一層温泉を味わい深くさせている。


 二日目、タクシーで隣の鳴子温泉へ行き、「鳴子こけし館」を見てから、1000年の歴史をもつという「滝の湯」に入った。入浴料150円。ちょっと白濁している泉質で、これも良い湯であった。

 最終日、東日本大震災の被災地、石巻へ行ってみた。津波の恐ろしさ、というか自然の驚異を目の当たりに見た。見ながら、これと同じような状景を東京で見た古い記憶を思い出していた・・・今回のは自然災害(原発事故は別)、だがあれは人間の意図的な行為・・・補償もなければ仮設住宅もなかった・・・
 
旅行 | comments(0) | -

スポンサーサイト

2018.09.19 Wednesday 16:14
- | - | -

コメント

コメントする