Cohohの「ぼそぼそむにゃむにゃ」

老Cohoh余生のつぶやきです。
右欄LinksのCOHOH WORLDもお訪ねください。過去(1998〜2005)の「ぼそぼそむにゃむにゃ」もあります。


スポンサーサイト

2015.12.30 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

秘湯(?)姥湯

2007.05.13 Sunday 17:28
峠駅 さて、今回は福島で新幹線を降り奥羽本線の普通列車に乗り換え、峠駅で下車する。
 ここはかつて列車がスイッチバックしたところで、その痕跡が残っている。駅は改札口もない無人駅であり、積雪に備えて屋根ですっぽりと覆われている。

 駅からは公的交通機関はなく、宿からの迎えのマイクロバスで、みずみずしい新芽の出始めた原生林の中、細く曲がりくねっや山道を登って行く。車(RV)

 約30分ほど走ると、やや道幅が広くなって行き止まり。ここが宿、桝形屋の駐車場。

 そこから吊り橋を渡り、少々登ったところに宿がある。
 荷物は駐車場からゴンドラで宿の玄関まで運んでくれる。



 露天風呂は宿からさらに少し上がったところあり、奇岩に囲まれた谷間のまさに秘湯か・・・。温泉

 ところが宿は最近改築をし、部屋の内装も新しく、おまけに各部屋ごとには洋式のしかもウオッシュレットのトイレ付きである!? 清潔で快適なのはいいが、何か「秘湯」としっくりこない。

 聞くところによると姥湯は秘湯の中の秘湯ということで多くの旅行雑誌などに紹介されて有名になったという。秘湯ではあるが車で行けば宿の近くまで行けるので、土、日や紅葉のシーズンにはマイカー族がドッと押し寄せるようになったという。それで、宿も改装せざるを得なくなったようである。

 まさに『行列の出来る・・秘湯』だと・・・? これって何かヘン??


 我らが温泉通の世話人さんN氏はその点よく心得ていて、GW後の平日を選んだので部屋はともかく露天風呂では秘湯気分を十分味わえた。

 そして翌日には早々に退散。週末は滑川温泉に場所を移す。
旅行 | comments(4) | -

スポンサーサイト

2015.12.30 Wednesday 17:28
- | - | -

コメント

良かったですね?紅葉の頃一人でひっそりと・・・(もうひっそりととはいきませんか)

静かな山の中の温泉大好きです。

また滑川温泉の日記楽しみにしています。
| と | 2007/05/14 9:46 AM |
この写真を見るとまさに秘湯ですネ。
温泉に着くまで滑り落ちそう?
もちろんちゃんとした道があるのですよネ。
白濁?それか空の色が映っているのでしょうか?
混浴?
| チャコ | 2007/05/14 10:01 PM |
こんばんは!
おかえりなさい!!
峠駅の駅弁って有名じゃなかったかな?
どこまでが、自然か人工か。
まさに、秘湯ですね。
でも、いいところだったのでは??
続き楽しみにしてますね!
| 楓 | 2007/05/14 10:12 PM |
>としちゃん
紅葉の頃一人でひっそりと・・・とは無理でしょうね。今からもう予約が入っているようですよ。

>チャコさん
もちろん混浴ですよ。乳白色に濁ってますから、入ってしまえば首から上しか見えないね。もっとも、この日はオジンばかりでした__(_ _;)

>楓さん
こんばんは!
湯当りもせず無事帰ってきました。
峠駅の駅弁売の写真、後で見せますね。続編、また書きますのでお楽しみに!
| cohoh | 2007/05/14 10:44 PM |

コメントする