Cohohの「ぼそぼそむにゃむにゃ」

老Cohoh余生のつぶやきです。
右欄LinksのCOHOH WORLDもお訪ねください。過去(1998〜2005)の「ぼそぼそむにゃむにゃ」もあります。


スポンサーサイト

2018.09.19 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

旅の報告

2007.01.29 Monday 14:06


 四万温泉積善館は創業元禄7年、本館・山荘・佳松亭の3棟に分かれている。


 我々が泊まったのは本館(群馬県重要文化財)。ここは創業当時の面影が残っているのだそうで、確かに時代劇の出てくる旅籠に見られるような部屋が残っている。従って現在もここは湯治客用で布団の上げ下ろしなどすべてセルフサービス、食事も朝晩とも簡単な箱弁当。そのかわり2食付き税込み5,350円と安く、部屋に酒肴を持ち込んで気楽に過ごせるのがいい。

 ちなみに、佳松亭は平日12,750円、山荘は10,650円。
 詳しくは→四万温泉積善館


 湯は本館に「元禄の湯」と「岩風呂」(混浴)、山荘に「山荘の湯」(鍵付きの家庭風呂)、佳松亭に「杜の湯」(露天風呂付き)とあるが、なんと言っても国の文化財に指定されている「元禄の湯」が風情があってよい。川底から湧き出る源泉を引いており、その蒸気での蒸し風呂もある。湯船はタイル張りの床に埋め込まれた五つの長方形の浴槽になっている。


 

 今回の旅行は雪見の温泉を楽しもうと計画したのだが、暖冬で日陰に薄汚れた雪がほんのちょっと残っているだけ。残念と思っていたら26日の夜「杜の湯」の露天風呂に入っていると雪が降ってきた。翌朝やっと屋根や気の枝に積もった真っ白な雪を見ることができました。

 積雪は大したことなかったけど、まあーこれでよしとするか!

旅行 | comments(5) | -

スポンサーサイト

2018.09.19 Wednesday 14:06
- | - | -

コメント

四万温泉積善館歴史的な趣があっていいですね
元禄時代の創業の湯治の部屋もあるとか前に行った乳頭温泉を思い出しました。
でもこちらのほうが観光も兼ね行きやすいのでは・・・・是非春か秋に2・3日ゆっく行きたいものです
草津温泉は行った事がありますが四万温泉は言った事がありません
一人でも大丈夫でしょうか
| と | 2007/01/29 9:26 PM |
>としちゃん(?)
なかなかいい所ですよ。東京駅の八重洲口から高速バスに乗ったら直通で行けます、私はJRでいきましたが・・。
| cohoh | 2007/01/29 11:40 PM |
白いマフラーをしたcohohさん、おしゃれ!

元禄の湯はアーチの窓なんですネ。
やはり、重要文化財の面影があっちこっちに見えます。

1泊2食5,350円・混浴・蒸し風呂・雪見の温泉
いいな〜(*^_^*)

絵は?
| チャコ | 2007/01/30 7:20 PM |
はじめまして〜〜〜♪

ケータイからブログって見れないんですよね〜w
なかなかお邪魔できませんでしたm(__)m

お風呂入りすぎると、細い体がふやけますよ!!
ってまぁ
温泉でお風呂に入らねば意味ないですよね(笑)
じいさんのヌードはいらんってば(笑)

楽しそうでよかったですね☆

| 楓 | 2007/02/01 11:07 AM |
>楓さん
携帯からでもブログ見られるよ。コメントも出来る。それって10年前の携帯ちがう?!
あっ!mixiからは行けないかもしれない・・http://cohoh.jugem.jp/をブックマークに入れておいて・・・もし、新しい携帯なら。

じいさんのヌードはあまり様にならないよね。メタボリック・ナントカいうのにかかっているような腹の出たのとか、皮の弛んでるのとか、・・・いやいや、cohohはジムで鍛えているから、引き締まって・・・???(#^.^#)
| cohoh | 2007/02/01 3:20 PM |

コメントする