Cohohの「ぼそぼそむにゃむにゃ」

老Cohoh余生のつぶやきです。
右欄LinksのCOHOH WORLDもお訪ねください。過去(1998〜2005)の「ぼそぼそむにゃむにゃ」もあります。


スポンサーサイト

2015.12.30 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

東日本大震災復興チャリティーコンサート

2013.09.07 Saturday 20:18
 チケットがあるから行ってみないかというので、「いかるがホール」へ「東日本大震災復興チャリティーコンサート」を聴きにいった。

 最近は、講演会は勿論のことコンサートも聞き取れないのでほとんど行かなくなっていたが、案の定、音は響いてきても何の曲かさえ分からないほどである。

 このコンサートでは、楽器製作者の中澤宗幸氏が震災の流木で制作したという「津波ヴァイオリン」を使って中澤夫人が演奏する第1部とストラディヴァリウスによる演奏の第2部との構成になっていたので、その音色を比較できるかと思っていたのだが、やはりそれも無理だった。

 そもそも、「津波ヴァイオリン」は流木を使って、様々な思いや願いを込めて作ったことに意義があるので、音色を云々するものではないのであろう。それを世界の名器と比べるなど失礼で間違ったことなのでしょうネ・・・。

 
音楽 | comments(0) | -

関西フィル?100年会館?デジタル補聴器?

2010.06.08 Tuesday 11:36
 関西フィルが新たに奈良定期演奏会を企画し、先日の日曜日にその第1回演奏会が「なら100年会館」であった。私は今まで関西フィルを聴いたことはなかったが、コンサートマスターの岩谷祐之氏がサン・サーンスの「序奏とロンド・カプリツィオーソ」を弾くという。彼の小学生の頃の演奏をヴァイオリン発表会で聴いたことがあり、ちょっと興味があった。それにプログラム最後のベルリオーズの「幻想交響曲」は大好きな曲なので聴きに行こうと出かけていった。3階2000円の一番安い席である。

 どうということもなくプログラムが進み休憩のあとが楽しみにしていた「幻想」である。この日は片耳30ン万円のデジタル補聴器(尤も障害者補助でかなり安く購入したが・・)を装着していた。この補聴器は3つのチャンネルがあってその時の状況によって切り換えることができ、その一つは音楽鑑賞用に調整してもらっている。しかしどうもしっくりしない。演奏の途中で他のチャンネルに切り換えてみたり、もう一つのアナログの補聴器(これはこの前映画を見たとき使っていたものだが)に換えてもみたが、結局あの「幻想」の劇的な感動も伝わって来ずイライラしている間に終わってしまった。やはり補聴器での音楽鑑賞は無理なのかなとちょっとがっかりして帰った。

 ところが、昨日やはり聴きに行ったと言う人に出会って話をしていたら会場の「なら100年会館」というのがクラシック音楽の演奏会には向いていない音響効果の悪いホールなのだという。するとホールのせいだったのか・・・。またある人は関西フィルの演奏は・・?ともいう。

 果たしてなにが原因だったのか、デジタル補聴器か、ホールの音響効果か、関西フィルの演奏自体か・・・どちらにしても2000円、あまり贅沢はいえないか・・・
 
音楽 | comments(2) | -

ブルガリアの弦楽四重奏団

2006.01.14 Saturday 22:07
大阪のザ・フェニックスホールでブルガリアのステファン・キーロフ弦楽四重奏団と日本の若手演奏家のコンサートを聴きにいきました。

ザ・フェニックスホールは3百数十席で小さいが天井は高く音響効果もいいみたい。ロビーや階段にも絵や彫刻が飾られ、なかなか洒落たホールです。

演奏曲目は
1、モーツアルト;オーボエ四重奏曲 ヘ長調 K370
オーボエ;白木直人
2、ドヴォルザーク;ピアノ五重奏曲 イ長調 作品81
ピアノ;澤田智子
3、モーツアルト;フルート四重奏曲 第一番
フルート;和田 敦
4、シューマン;ピアノ五重奏曲 変ホ長調 作品44
ピアノ;村上祥子

去年の11月の奈良ゲバントハウス交響楽団と料金も似たようなもので、しかも同じように招待券。これはある程度覚悟しておかないと、と思ったのですが、意外とよかったです。私は音楽を聴くのは好きですが批評できるほどの鑑賞力はありません。でも、ブルガリアの弦楽四重奏団は琴欧州ほどではないけど、いい演奏をしていたと思います。日本の若手演奏家もよかったのではないでしょうか。

でも、どういうわけか楽章の合い間に聴衆が拍手をするので、何となく落ち着きませんでした。奈良でもそうでしたが、最近のコンサートはそうした傾向なんでしょうか? 
音楽 | comments(2) | trackbacks(0)

日本ゲバントハウス交響楽団

2005.11.18 Friday 22:49
日本ゲバントハウス交響楽団って知ってますか?

今日は水彩画教室をサボって日本ゲバントハウス交響楽団の定期演奏会を奈良文化会館まで聴きに行きました。

演奏曲目は
ブラームス作曲 ハンガリー舞曲第6番怒り
シューマン作曲 ピアノ協奏曲イ短調作品54(ピアノ;鈴木愛子)ショック
ベートーベン作曲 交響曲第7番しょんぼり

HPの『ぼそぼそ・・・』にも書いてます。
音楽 | comments(0) | -