Cohohの「ぼそぼそむにゃむにゃ」

老Cohoh余生のつぶやきです。
右欄LinksのCOHOH WORLDもお訪ねください。過去(1998〜2005)の「ぼそぼそむにゃむにゃ」もあります。


スポンサーサイト

2018.09.19 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

うどん教室

2014.06.21 Saturday 09:57


今週の手話サークルの例会は「うどん教室」
手話でうどん作りを説明するのだが、手話初心者には分からない表現が多い。そのまま作ったら失敗間違い無し。
それで、私は食べて味見専門に徹した。
結構皆さん美味く作ってくれました。
調理に関する手話を少し覚えたのが収穫か・・

 
手話 | comments(0) | -

手話サークルに入った!

2014.02.14 Friday 14:31
 2月1日から毎週土曜日、全6回の「難聴者のための手話講習会」を今年もまた受講している。
 今年で4回目、つまり手話を習い始めてまる3年になるわけだ。
 始めた頃は、3年も学習すれば何とかものになるだろうと思っていたが・・・とてもとても、そんな簡単なわけにはいかない。

 努力不足なところもあるけど、なにしろ日常生活で使う機会がないので、なかなか上達しない。

 そんなわけで、手話経験を増やすため、手話サークルに入ることにした。

 奈良市には3グループほどあるようだが、講習会の先生等に薦められ、例会の場所や時間も適当なので「鹿の子」と言う手話サークルに入会することにした。

 果たしてこれで少しは益しになるのだろうか...?
手話 | comments(0) | -

「LSLなら」の忘年会

2013.12.14 Saturday 23:14
 「LSLなら」忘年会、といってもアルコール少々の昼食会だけど、先生ご夫妻を招いてKホテルのレストランで開いた。

 先生ご夫妻以外は皆、難聴者だが、その程度はさまざま。難聴者は少し聴力が残っているから、つい補聴器に頼って手話はなかなか進歩しない。

 今日は手話通訳の方も要約筆記の方もいないから、話しが上手く通じるかとちょっと心配だったが、なんのなんの未熟な手話でも皆けっこう話しがはずんで楽しい会だった。

 食事の後も、ホテルのラウンジでコーヒーを飲みながら手振り身振りで賑やかに話しの続き・・・。


 幹事としては嬉しいひと時だった。
手話 | comments(2) | -

電車では友達と向かい合わせに座るのがよい!

2013.12.10 Tuesday 16:48
 先週の土曜日、今年最後の「LSLなら」(難聴者手話の会)がありました。4月から毎月一回全九回でした。

「LSLなら」は、市社協が毎年2、3月に開いてくれる「中途失聴者・難聴者のための手話講習会」の受講者を中心に作った手話サークルです。メンバーは最終的に11名でした。

そのメンバーの内の一人が私と同じ駅から電車に乗るので、いつも一緒に行ってました。
電車は割と空いているのでいつも隣に座って、手話を交えながら話しをいていましたが、その日はちょっと込んでいて、二人並んで座れる席がなかったので向かい合わせに空いていた席に座りました。
向かい合わせだと離れていても手話を使うと話しが出来て、しかも隣に座るよりも手話がよく見えて初心者の私にも分かりやすいのに初めて気がつきました。

意外な発見でした! 手話を覚えると便利なこともあるな〜と思いながら目的駅まで下手な手話を使って話していました。相手は私よりもベテランなのでよかったのかもしれません。
手話 | comments(0) | -

手話勉強会とiPad mini

2013.05.01 Wednesday 17:06
 今年の手話勉強会が先週の土曜日から始まった。

 これから毎月一回12月まで9回ある。去年もあったのだが、主催団体がはっきりしていなかったので、今年は新たに参加者をメンバーとする会を作ることにした。
 会の名前は「難聴者手話の会LSLなら」とした。命名は私。LSLは、Learning sign Languageの略である。
 ただし、この会はまだ会則もなければ、受講料(講師謝礼)以外会費も徴収しないし、会長も決めてない。それでもこれで一応勉強会を開くための講師の依頼や会場の確保など、手続き上の形だけは何とか整ったことになる。

 今年の世話役を私がすることになったが、集まったのは11名、もちろん難聴者ばかりなので、なにか相談ということになると筆談しなければならないことが多い。そこで、電子ノートを買おうかと思ったが使い勝手の良さそうなものは1万円以上する。それならいっそのことiPadにしてしまえと思い、iPad miniを買うことにした。これなら他にもいろいろ使えそうで便利である。

 早速、メモAppをダウンロードした。なかなか重宝。電子書籍もゲームも入れておこうと思っている。

手話 | comments(2) | -

指文字読み取り練習上級編

2013.03.16 Saturday 17:57
 サイトの「手話のページ」に指文字読み取り練習(上級)を作った。

 初・中級より速度を速めた。一字に0.3〜0.4秒、文字数もちょっと多め。

 それに初・中級のページを見た方から、指文字の後にすぐ答が出るのでは練習にならないとの感想をいただいたので、指文字と答えを分けることにした。

 さて、出来上がりはいかがと自分でやってみた。えっ!こんなの読めるの!?
 コトバも自分で選び、自分で作ったのに全然読めない。それでも答えを別にしたから、何回か繰り返し見ていたら、自分の選んだコトバを思い出して何となく読めたような気になった。これは本当に読み取れたのではなく、コトバを思い出しただけだ。他の人が見たらどうなんだろう? 読める速さなのか?

 それでも、手話の動画などを見ているとこのくらいの速さはよくある。指の型を見て反射的にその型が表す文字が浮かんでくるまで、繰り返し練習する必要がありそうだ。
手話 | comments(0) | -

手話初心者の見間違え!

2013.02.25 Monday 20:20
 YouTubeで手話の動画を見ていたら、指文字を使う場面があった。今、手話講座で指文字の練習をしているので、これはしっかり読み取らねばと思い指先をじっと見ていた。

「シアミ」と読めた? 意味が分からない。読み間違えかもしれないともう一度見直したが、やはり「シアミ」だ。三度目、今度は指先だけでなく口元も見てみたら、わかった!

 これは指文字でも仮名ではなく数字なのだ。「シ」は「7」と同じ、「ア」は「5」とよく似ている。「ミ」は「3」と同じ。つまり「七五三」なのだ。前後の手話がもっと読めていたら分かったのに・・・。手話表現は身振りや表情と一緒に見ていないと分からないように指文字は口唇を見なければいけない。読唇術(口話)も学ばなければ・・・。

 別の動画で「007」を「オオシ」と読んでしまったこともある。

 七十の手習い、手話は難しい!
手話 | comments(0) | -

難聴者の会に入ってる!

2013.02.22 Friday 12:30

 奈良市中途失聴難聴者協会という団体があることを、一昨年手話講座に参加してはじめて知った。その時入会しませんかと誘いを受けたのでとりあえず入会してみた。

 全国の各都道府県や主な都市にはだいたい同様の組織があるらしい。

 奈良市の中難協(勝手に略した)は正会員と賛助会員それぞれ20名程度のそれほど大きくない会であるが、毎月役員の方々がいろいろ工夫した企画で例会を開いているし、会報「大仏さんの耳」も年4〜5回発行している。会報を発行するのは大変なことだと思うが、その編集から発送までほとんど会長さんにしていただいているようである。

 ところで入会した私はと言うと、会の仕事は何もせず、例会にもあまり出席しない、きわめて役立たずの会員である。いろいろお世話をしていただいている会長はじめ役員の方々には申し訳なく思っている。
 去年の年末、会報に載せる記事を何か書いてほしいと頼まれたのも、うっかり忘れていて、先月末の締め切り日に会長から催促されて、慌てて書いて送ったような次第である。

 先日その2月発行の会報「大仏さんの耳」が送られてきたが、封筒に貼ってある美しい切手にも会長さんの細かい心遣いが伺われる。

 私の記事は「私と手話」と題した短いもので、慌てて書いたつたない文章ですが、宜しければお読みください。

続きを読む >>
手話 | comments(0) | -

難聴者のための手話講座

2013.02.02 Saturday 21:43
 市の総合福祉センターで今年も「 中途失聴者・難聴者のための手話講習会」が始まった。今日から毎週土曜日に全6回ある。

 私がはじめて受講したのは一昨年だから今回は3回目。すでに丸2年になるので、もっと自在に手話を使えるようになっていてもおかしくないのだが、普段身を入れて学習しないから、なかなか進歩しない。

 今回は新しい受講生を含めて11名。皆いちからやり直しである。前に学習したとはいえ、そう簡単ではない。忘れていたこと、新しく気付くこと、はじめて見る表現など大いに勉強になった。それに、何よりも目の前で実際に見たり表現したりするのは楽しいものである。

 今度こそもう少し上達してやろうという気になった。
 
手話 | comments(3) | -

指文字読み取り練習問題を作ってみた

2012.06.27 Wednesday 18:04
 cohohのサイト【COHOH WORLD】に「手話のページ」を追加した。

 最近、難聴がますますひどくなり、これは手話でも覚えておいた方がいいかなと、去年から市社協の手話講座に参加し、今は月1回の勉強会に行っている。

 あまり熱心ではないので、それほど進歩はみられないけど、新しい外国語を覚えるような語学学習の楽しさはある。

 しかし、私が手話を覚えても相手が手話を使えなければこれは役に立たない。少しでも手話を混ぜて話してくれると話が通じやすいのだが、なかなかそういう人には出会わない。
 聾者の人たちは手話が彼らの言語なので巧みに使うが、健聴者で手話を使える人はほんの僅か、私のような中途失聴者でも何とかそれらしきものが使える人を含めても1割程度らしい。

 ところで、手話は地域によって表現の仕方が異なるものがあるようだが、指文字は全国的にほぼ統一されているようである。これなら誰でも覚えやすいのではないかと思い、以前自分のために作った指文字読み取り練習のファイルをサイトにアップしてみた。

 これを機会に覚えてもらえるとありがたいな〜 (^ ^;)ゞ  
手話 | comments(0) | -